様々な広告媒体

屋外広告の媒体特性としては、

  • 定置媒体なので地域のシンボルになり反復訴求ができる。
  • 昼は色と動きの効果、夜は照明効果が発揮できる。
  • サインとアクションの結合効果が得られる。
  • スペースの融通性が大きく色々な形のものが期待できる。

があげられます。

主な屋外広告の種類としては、

  • 広告塔...ビルの屋上等に設置された立体広告塔で屋外広告の王様ともいわれるほど大規模なものであり繁華街のシンボルともなる。
  • 大型ビジョン...ビルの壁面に設置された発光ダイオードを使った大型のテレビジョン。
  • ポスターボード...道路脇やビルの屋上に建てられた広告板。
  • 突出し看板...歩道を歩く歩行者からよく見えるようにビル壁面と直角に突き出している広告。

があります。

交通広告は、駅などの交通機関に設置されるもので、中吊り、駅貼り、サインボードなどの種類がありますが、交通機関の利用者という対象を限定している点が、一般の屋外広告物と異なります。

提灯は、照明器具や先祖供養の献灯、お祭り用として使用されてきましたが、広告媒体としても活用されています。材質は和紙で、屋外に掛けるため、対候性をあげるための工夫として、油を塗布していました。

蚊取り線香や飲料などの宣伝で有名な、ホーロー看板は、対候性を上げるために鉄など金属の表面にガラス質の釉薬を焼き付けたものです。

のれんは、商家のシンボルとして古くから使用されてきました。のれんの材料としては、布が多く使用されますが居酒屋など飲食店には縄のれんが使われることも多くありました。

金文字看板は、木でできた文字に金箔を貼って装飾したものです。金箔は他に伝統工芸品に使われたり、日本酒の中に入れられたりし、広く親しまれてきた材料です。

ストリートファニチャーは、バスシェルター、ベンチ、ニューススタンドなど主に歩道上に設置される設備をいいます。

マスコミ4媒体(マス4媒体)は、テレビ、新聞、雑誌、ラジオを指す言葉です。

新聞広告には、歴史のある新聞メディアに対する信頼性、切り抜き保存などに向く記録性、購読者が多いことによる公共性などの特長があります。

広告戦略としてイベントを見た場合には、企業の知名度(認知度)の向上、商品のPRを通じた販売の拡大、企業理念(方向性)の周知などの効果があると言えます。

大きな市場を持つインターネット広告を大きく5つに分類すると、検索時の言葉に対応した広告が表示されるリスティング広告、リンク画像によるバナー広告、メールマガジンやダイレクトメールのメール広告、動画やユーザーの閲覧に応じて移動するなどのリッチメディア広告、記事広告のタイアップ広告に分かれます。

>
flow