屋外広告士制度のご案内

「屋外広告士」をめざす皆さまへ

屋外広告士制度について
屋外広告士試験は、屋外広告物の製作・施工に関する総合令的な知識及び技術を有することを認定する資格制度で、屋外広告物法に定める「登録試験機関」である日広連が実施しています。有資格者は屋外広告業登録に必須の「業務主任者」になることができ、業の健全な発展に向けて活躍が期待されています。

【重要】学科試験の合格基準改正について 2019年4月1日
学科試験は従来、学科受験科目の合計点数について、60%の合格基準に達しているか(実技についても同様)を判定しておりましたが、第28回試験から判定方法を改正します。
これに伴い受験した学科試験の得点が、1科目でも当該科目の満点の40%の最低基準(15問出題の場合は6問、20問出題の場合は8問の正答)に満たない場合は、受験した科目の合計点が60%以上でも学科試験は合格とならない場合がありますので、ご注意願います。
なお、合格基準及び最低基準は、それぞれの試験における難易度、平均点等の状況により、試験委員会において決定する場合もあります。

屋外広告士制度

2019年度 第28回屋外広告士試験 実施日程  

第28回屋外広告士試験:2019年10月20日(日) 全国11会場にて実施

合格発表:2019年12月13日(金)

第28回屋外広告士試験実施計画(PDF形式)

 

受験の手続きおよび受験料 


試験の申し込み方法には

  1. 「受験の手引き」(受験願書)を購入後に受験料を納付・願書を提出する
  2. Webから受験申し込み・受験料を納付した後に願書を提出する

の2つの方法がありますが、いずれの場合も以下は共通です。

受験願書提出期間:2019年5月16日(木)~8月9日(金)まで

※受験願書の提出締切りは8月9日(金)までです。


受験料:17,500円(消費税1,296円を含む)


「受験の手引き」(受験願書)を購入後に受験料を納付・願書を提出する場合

「受験の手引き」を購入し、願書に記入の上、受験料を納付した後、申込書類を当会試験課に提出します。

受験の手引き 配布期間:2019年5月13日(月)~7月31日(水)

受験の手引き価格:1部500円(本体333円、税27円、送料140円)

受験の手引き購入部数・送付先を明記の上、代金合計分の切手(現金書留での送金も可)を本会試験課宛に郵送してお申込み下さい。


Webから受験申し込み・受験料を納付した後に願書を提出する場合

マイページを作成し、マイページトップから申し込み手続きを行います。
受験料の納付はカードまたはコンビニ払いのみとなります。

Web申込み受付期間:2019年5月13日(月)~7月31日(水)

マイページはいつでも作成できます。作成手順はこちらをご参照ください。

Web申込みの手順についてはこちらをご参照ください。

Web申込みはこちらから手続きを行って下さい。


 

受験資格と免除規定

屋外広告士試験の受験資格と免除規定は次の通りです。

 受験資格

18歳以上の実務経験が3年以上ある者(※事業所の証明印が必要です、受験できる最低年齢は21歳となります。)

 免除規定

1・2級建築士、1・2級建築施工・土木施工管理技士の国家資格を有する者は、試験科目の一部を免除

資格/免除される学科
学科試験C
実技試験
1・2級建築士
免除
免除
1・2級建築施工管理技師
免除
免除なし
1・2級土木施工管理技師
免除
免除なし


 

試験の時間と内容

屋外広告士試験では、問題A、B、C、実技試験問題の4冊の問題が順次配布されます。
問題の内容は次の通りです。

 学科試験(マークシート)

・問題A(関係法規・60分)15問
・問題B(広告デザイン・80分)20問 
・問題C(設計・施工・60分)15問

 実技試験

・実技試験問題・120分(「デザイン」 「設計」 いずれか選択)
 ※実技試験は、願書であらかじめ申請した試験以外の受験はできません。

 試験の合格ライン

  1. 学科(学科受験科目の合計点)、実技それぞれの試験において、原則として60%以上の合格基準を満たす得点があった者を合格とする。
    ただし、受験した学科試験の得点が、1科目でも当該科目の満点の40%の最低基準を満たさない場合は、合格としない。
    なお、それぞれの試験における平均点等の状況により、合格基準及び最低基準を試験委員会において決定する場合もある。
  2. 学科A、学科B、学科C、実技それぞれの試験において、60%以上の得点があった者を、当該科目の合格者とする。
    ただし、それぞれの試験における平均点等の状況により、合格基準を試験委員会において決定する場合もある。
  3. 前項の一部合格者は、翌年度の試験に限り、当該科目の受験を免除する。

 

これまでの合格率

過去5年間の合格率は次の通りです。

回数・年度
受験者
合格者
合格率
第27回(平成30年)
1,018人
272人
26.7%
第26回(平成29年)
974人
210人
21.6%
第25回(平成28年)
864人
229人
26.5%
第24回(平成27年)
906人
242人
26.7%
第23回(平成26年)
768人
211人
27.5%


 

試験のための講習会ついて


試験のための講習会は、本会では実施致しておりません。
講習会の開催につきましては、各地区連合会事務局へお問い合わせ下さい。

各地区連合会事務局

 

根拠規定

国土交通省告示第421号

屋外広告物法(昭和24年法律第189号)第10条第2項第3号イの規定により、次の機関を登録試験機関として登録したので、同法第15条第1項の規定により公示する。

平成17年4月8日 国土交通大臣 北側 一雄

1.登録年月日 平成17年3月30日
2.登録試験機関の名称 一般社団法人 日本屋外広告業団体連合会
3.主たる事務所の所在地 東京都墨田区亀沢1丁目17番14号

屋外広告物法
第10条第2項第3号
前項第3号に掲げる業務主任者の選任に関する事項は、登録を受けようとする者にあっては営業所ごとに次に掲げる者のうちから業務主任者となるべき者を選任するものとし、登録を受けた者にあっては当該業務主任者に広告物の表示及び掲出物件の設置に係る法令の規定の遵守その他当該営業所における業務の適正な実施を確保するため必要な業務を行わせるものとすること。
イ 国土交通大臣の登録を受けた法人(以下「登録試験機関」という。) が広告物の表示及び掲出物件の設置に関し必要な知識について行う試験に合格した者    ― 以下省略

(登録の公示等)
第15条第1項
国土交通大臣は、第10条第2項第3号イの規定による登録をしたときは、当該登録を受けた者の名称及び主たる事務所の所在地並びに当該登録をした日を公示しなければならない。

お問い合わせ資料請求先

一般社団法人 日本屋外広告業団体連合会 試験課
〒130-0014 東京都墨田区亀沢1-17-14
TEL03-3626-2231(代)